スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小旅行

忙しい合間を縫ってちょっと旅行してました。
六軒島へ。


解る人にしか解らないネタフリでしたね・・・。
ひぐらしのく頃にの作者が書いた別の物語、うみねこのく頃にをプレイしてました。
いや、そんな殺気を飛ばさないで下さい。
忙しかったのも事実なんですよ。
バイト・部活・飲み会だけでほぼこの2週間が過ぎ去りました。
かなり無理して時間を作り、やっと兼ねてからしたかったうみねこに手を出したわけですよ。
感想としては、素直に面白かった。
評価は完結してからしか下せませんけどね。
ちっとひぐらしは反則臭い落ちでしたし。

以下ネタバレ注意

ひぐらしの時と違い、今回は一作目から手を出せたので、稚拙ながら多少推理染みたことをしてみようかと思います。
いや、続編や解答編が出たら赤面モノな推理になるのは目に見えてますが、これもまた一興。
当然、ネタバレ話になるので書くときはReadMore以降に書くことにします。
ポイントは
・碑文のメッセージ
・19人目(ベアトリーチェ含み明日夢・縁寿・眞音・恋音の関与)の存在
・真里亞の薔薇は何処いった?
・真里亞へ傘と手紙を託した人物
・留弗夫の死の察知
・6人を殺し、倉庫へと押し込めた方法
・金蔵の消失方法(レシート含み)
・絵羽夫婦の密室の謎
・嘉音がボイラー部屋でみたもの
・源次・南條・熊沢の客間の密室
・夏妃の自殺
・多すぎる服装だけで判断した死亡者
・煉獄の七杭の対象と、その対象に選ばれた意味
・まさか福音の家=山狗的扱いじゃあるまいな?
辺りになるかな。
ベアトリーチェの存在はTeaPartyで確定したと見てもいいかもしれないけど・・・。
また、後の源次・南條・熊沢については最初の倉庫に入れっぱなしにして封印した6人の死体に服を着せ換えて誤魔化した気がする。

一緒に語れる方大募集~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://silverstar666.blog96.fc2.com/tb.php/81-0c8c410f

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。